アニサキス症は自然治癒可能!?食べた場合の対処法や治療法また予防法とは!?

スポンサーリンク

人間にとって欠かせない魚や貝類などの水産資源。しかし、水産資源の中にはごく希に寄生虫等が潜んでおり、その魚を食べた人間にも害を与える事があります。その一つがアニサキスと呼ばれる寄生虫で、日本人にとっては他人事では済ませられないほど身近なものでもあります。

アニサキスとは

アニサキスとは上でも書いた通り、「寄生虫」のことです。

そもそも寄生虫とは何なのか説明すると、動物や様々な生物の外部や内部に潜み、栄養を摂り寄生して生きる生物のことです。

寄生虫の中には全くの人畜無害のものもあれば、生命を脅かす危険な寄生虫もあり種類も様々です。

その寄生虫の一種にアニサキスという名前の生物がおり、このアニサキスは日本人が良く食する魚や貝などの魚介類に寄生しています。

魚介類の中でも特にカツオやイワシ、サケやイカなどに寄生していることが多く、しっかりと処理をしないと人体に取り込んでしまうことがあります。

見た目は白い糸くずのような姿をしており、長さは2cmほどで、幅は非常に細く1mm未満のものがほとんど、寄生虫ではあるんですが、しっかりと確認すれば肉眼でも発見できます。

アニサキス症の危険性

アニサキス症とは、人間がアニサキスに寄生されている状態のことで、症状としては、腹痛や吐き気などがありますが、死に至ることはほとんどありません

アニサキス症にもいくつか種類があり、生の魚介類を食べたあと、比較的早くに腹痛や吐き気、嘔吐などの症状がでるものが胃アニサキス症と言われています。

人間がアニサキス症になった場合のほとんどが、この胃アニサキス症によるものです。

次に、生の魚介類を食べた後、数日間経過した後に腹痛や吐き気を起こすのが、腸アニサキス症と呼ばれています。

その名の通り、アニサキスが人体の腸へ到達し発症したもので、ごく希に腸閉塞や腸穿孔を併発する場合があります。

この他にも、胃や腸以外に寄生してしまった場合を消化管外アニサキス症と呼んだり、また、人によってはアニサキスアレルギーと言って生の魚介類を食べると蕁麻疹を主症状とするアレルギーを引き起こすこともあります。

死に至る可能性が高くないと言いましたが、アニサキスアレルギーは少し注意が必要で、時に、血圧低下や呼吸不全,意識障害などに繋がり命に関わることも稀にあります。

アニサキス症の予防方法

アニサキス症の予防方法は加熱と冷凍によって予防することができます。

アニサキスは60度で1分以上加熱すると死滅します。

その為、生では無く焼いて食べるのも予防方法の一つです。

また、生食用の海産魚に関しては冷凍処理(-20°C以下で24時間以上)をすることによってもアニサキス症を予防することが出来るので、刺身などを生で食べる場合は一度冷凍した上で食べることで発症する可能性を大幅に下げることが出来ます。

また、どうしても加熱や冷凍が出来ないという場合に、目視という方法もあります。

上でも書いたように、しっかりと確認すれば目視できるので、目視で取り除く方法もあります。(その場合は、勿論見落としのリスクが付きまとうので、注意が必要です。)

発症した時の対処方法

運悪くアニサキス症の症状を発症してしまった場合は、病院へ行くことをオススメします。

アニサキスは人間の消化器官の中では長くは生きることが出来ないので、いずれ死滅してしまいますが、アニサキスが体内で生息している間は、症状に苦しめられますし、長い間放置することによる、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性もあるので、出来る限り病院に行き、治療する方が良いでしょう。

病院が嫌いな人は自然治癒を優先したいと思うでしょうが、激痛が続くと言われているので、自然治癒よりも病院へ行く方が良いと思います。

寄生虫なので、取り除くのが手っ取り早いですからね。

ちなみに、当たり前ですが、市販の医薬品を飲んでもアニサキスには効果はありません

また、病院へ行った際には、必ず医師に生の魚介類を食べたことを伝えましょう

というのも、アニサキス症に掛かった多くの人が、問診の段階で見落とされるというケースが多発しているからです。

胃痛という症状は珍しくない上、時間がたつと治まることも多いので、基本的には胃薬を処方され、「様子を見る」という診断がほとんどですから。

特に、胃けいれんと誤診されることが多く、最近だと、お笑い芸人の品川庄司の庄司智春さんが正に、アニサキス症を発症し、胃けいれんと診断され、激痛で一晩中眠れなかったと言っていました。(それぐらい、アニサキス症を発症すると、強烈な胃痛に襲われます。これは、アニサキスが胃を噛んで、そこから出血するからです。)

逆に、アニサキス症と分かれば、現代の医学であれば簡単に対処出来るので、アニサキス症を発症している可能性がある場合、内視鏡検査などを受けることをオススメします。

ちなみに、私はアニサキス症よりも胃カメラの方がトラウマです…笑

最後に

アニサキス症を発症しない最強の予防方法は、生の魚介類を一切食べない事です。

ですが、よっぽど生の魚介類が嫌いな人でもない限り、食の天国かつ島国日本で、それをするのは相当難しいと思います。

スーパーに行けば旬な魚も売っていますし、外食すれば生魚が提供されることもあるでしょう。

なので、最低限、出来る範囲の予防や対処法を実践した上で、「一切気にしない」というのが、私のアニサキス症に対する考え方です。

極々薄い確率で死に至ると上では書きましたが、それなら「風邪」の方がよっぽど致死率は高いです。

それを、「風邪を引くと死ぬかもしれないから、家にずっと居よう…」とはなりませんよね。

魚介類には栄養素もふんだんに含まれていますから。

なので私は、アニサキス症になったらなったで病院に行けば良いやぐらいの気持ちです。

ここは人それぞれかもしれませんが、私はそう考えて生きている方がずっとストレスフリーだと思っていますし、好きなものを食べられないストレスの方が、ずっと体に悪いです。

なので、そこまで過敏にならずに、最低限の対処をすることを私はオススメしたいと思います。

スポンサーリンク

知り合いに共有してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする