発酵食品はなぜ健康に良いのか!?世界が注目する腸への効果効能とは!!

スポンサーリンク

日常的に食べている味噌や醤油、お漬物など、私たち日本人にとって発酵食品は身近で、和食にはかかせない食材です。

発酵食品は体に良いと聞くことはありますが身近な存在な故、体に良い理由を意識する機会はあまり無いと思います。

今回はいくつか発酵食品の例を取り上げつつ、体に良い理由をお話ししていきたいと思います。

発酵食品とは?

そもそも発酵食品の「発酵」とは何かご存知でしょうか。

発酵とは微生物がタンパク質や炭水化物などの有機物を分解してアミノ酸や、糖などを作り出すことです。

作り出された生成物は私たちにとって有益な物で、逆に不利益な物を生成する場合は「腐敗」と呼ばれます。(要は腐ったものってことです。)

たまに納豆や、ヨーグルトは腐ったものと言う方がいますが、発酵と腐敗は違うという事をぜひ覚えておきましょう。

発酵食品を作り出す微生物

発酵食品を作り出す微生物は様々な種類があります。

・乳酸菌

今ではほとんどの人が知っていると言っても良い、微生物である乳酸菌。

乳酸菌によって生み出される発酵食品と言えば、ヨーグルトやチーズなどの乳製品やキムチなどの漬物です。

「乳」という名前が付いているので、乳製品にしか含まれないと思われがちですが、実際は漬物などにも多く含まれています。

・納豆菌

日本人のご飯のお供である納豆は納豆菌と言う微生物が大豆を発酵することで作られます。

納豆菌が大豆を発酵させることにより、特徴的なネバネバした成分が作られます。

・麹菌

麴菌はカビの一種です。

味噌や醤油、お酒の製造に用いられます。

調味料として使用される塩麴は肉や魚を柔らかくし、旨味をアップさせてくれます。

・酵母

酵母はパンやビール、ワインなどの製造に用いられます。

最近では、ビール酵母などが健康食品として売られていたりします。

・酢酸菌

酢酸菌はお酢を作るのに用いられます。

お酢は、昔から体に良いと言われている代表的な調味料の一つです。

発酵によってもたらされる効果

微生物の働きによって生み出された発酵食品は私たちにどのような恩恵をもたらしてくれるのでしょうか?

・味が美味しくなる

発酵はタンパク質をアミノ酸へ炭水化物を糖に変化させます。

アミノ酸は人間が口にした時に「おいしい!」と感じるうまみ成分でもあります。

元の食品よりも旨味や甘味などが増して美味しく感じるという訳です。

・栄養の吸収率がアップする

発酵食品には酵素というものが含まれています。

酵素は食材を分解し、栄養素を吸収しやすい状態にしてくれます。

最近では、酵素ドリンクなどが流行っていますが、そういったものを意図的に摂取せずとも、発酵食品を普段から食べていれば、しっかりと酵素を摂取することが出来ます。

・保存性が高まる

発酵食品に含まれる微生物や作り出される乳酸などは他の微生物の繁殖を抑えてくれるため、通常よりも長期保存が可能になります。

お漬物が寒い地域に多いのは冬場に雪が多く積もって野菜が収穫できない為、保存食として重宝されていたからです。

発酵食品に期待される健康効果

発酵食品の具体例とその効果をいくつか紹介していきます。

・乳製品や漬物

乳製品や漬物に含まれる乳酸菌は腸内環境を整え、便秘や、下痢などを改善してくれます。

腸には免疫細胞の6~7割が存在しているとも言われ、腸内環境が悪いと体にも悪い影響があります。

花粉症アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状は乳酸菌を摂取することで改善すると言われています。

これは乳酸菌が過剰になってしまった免疫の働きを正常な状態に調整する働きによるものです。

・納豆

納豆菌が生み出すナットウキナーゼ血液をサラサラにしてくれる効果があり、血栓によって引き起こされる心筋梗塞や脳梗塞の予防が期待されます。

ネバネバ成分に含まれるポリグルタミン酸と言う成分はお肌の保湿作用があります。

納豆菌は腸内の善玉菌を増やし腸内環境を良くしてくれます。

女性ホルモンに似た作用のあるイソフラボンは更年期障害の改善や骨粗鬆症の予防効果があります。

・ワイン

ワインに含まれるポリフェノールは抗酸化作用があり、動脈硬化などの生活習慣病の予防の他、アンチエイジング効果が期待できます。

適量であれば、ワインが健康に良いと言われる理由が正にこれです。

・お酢

お酢は胃酸の分泌を促してくれるので、食欲が増します。

それ以外にも、お酢を加えることでさっぱりとした味になるので、夏バテ時の食欲不振などにおすすめです。

また、お酢に含まれるクエン酸は疲労回復効果があります。

それとクエン酸には、単純な疲労回復効果に加え、がん予防や美容効果などもあります。

ここら辺に関しては、別記事で詳しく書いているので、そちらを参考にしてみてください。

⇒ クエン酸の凄すぎる効果効能とは!?

発酵食品の無限の可能性

今回紹介した発酵食品は、ほんの一例にすぎません。

しかも、これら発酵食品の効果効能はまだまだ研究段階にあると言われています。

特に最近、「」の研究が進んでおり、腸内細菌が人間にもたらす影響というのに注目が集まっています。

これに伴い、発酵食品に含まれる「菌」が、実は我々人間が思っている以上の効果をもたらしてくれているのではと言われており、海外では「味噌」や「豆腐」、「納豆」などに大きな注目が集まっています。

日本人にとって身近な食品の味噌汁なんかは、腸内細菌に造詣がある人に言わせると「飲む点滴」だそうです(笑)

それぐらい、発酵食品というのは、体に良いと言われています。

勿論、中には、発酵食品を装ったまがい物(例えば、醬油風調味料なんかが正にそうですが…)もあるので、そこは注意してください。

やっぱり、和食は最強ですね。

スポンサーリンク

知り合いに共有してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする