ハチミツの凄すぎる栄養素と効果効能とは!?ボツリヌス菌により乳児には厳禁!?

スポンサーリンク

自然界で最も糖度が高いと言われるはちみつですが、実は、栄養素が豊富なことでも有名です。ここでは具体的にどういった栄養素が入っているのかを、また、なぜ1歳児未満の子供には絶対に与えてはいけないのか、について紹介したいと思います。

はちみつの凄過ぎる栄養素と効果効能

天然のはちみつには、ビタミンB1、B2<葉酸などのビタミン類、カルシウム、鉄分をはじめとする、27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノール、パロ沈など、150を超える成分が含まれていると言われています。

また、はちみつに含まれているビタミンはとても良質で、その理由が、はちみつに含まれているビタミンの大半が「活性型」だからです。

「活性型」ってなんやねんて話ですが、ビタミンには「活性型」と「不活性型」と呼ばれるものがあります。

ビタミンは体に良い!ということが言われていますが、実は、ただ摂取すればそれだけで体に良いというわけではなく、「活性型」と呼ばれる状態でなければ、体には効果がないと言われています。

そのためには、「不活性型」のビタミンを肝臓で処理して「活性型」にするか、そもそも「活性型」のものを摂取するかのどちらかが必要なんですが…元々「活性型」であるビタミンを摂取する方が、摂取量に対して効果が遥かに高い

そんな中、はちみつにふくまれるビタミンはなんと…92パーセントが活性化

ちなみに、世の中にあるビタミン摂取系サプリメントを謳っているものの大半が「不活性型」です。

はちみつ…凄くない??

はちみつは薬にもなる!?

日本では、はちみつはスイーツのような位置づけですが、アフリカのように医療費が高く、医療設備も整っていないような国では、はちみつが重要な治療薬として使われていたりします。

はちみつを食べることによって、胃がんの予防になったり、また、胃潰瘍の治療、他にも、下痢や便秘にも効果があると言われていて、更には、風邪にも効くと言われています。

また、はちみつは体内に吸収される際、分解時に必要なエネルギーを必要としません。

これは、ブドウ糖と果糖でできているからで、このため、消化が早く、すぐにエネルギーとして活用することができます。

胃腸の弱い人やスポーツ選手にはもってこいの食品と言えるでしょう。

ちなみに、砂糖は、ショ糖で構成されているため、はちみつと比べて消化吸収が遅くなります。

夜寝る前に砂糖を摂取しない方が良いと言われるのは、このためです。

はちみつの殺菌効果

上で、はちみつには薬効があると書きましたが、それと平行して、はちみつには高い殺菌効果があります。

はちみつの賞味期限が、「2年以上」となっていることが多いのはこのためです。

※知り合いの「純国産はちみつ」を作っている友達に聞いたら、実際にはもっと長いらしいんですが、ある程度の期限を設ける必要があるからそう書いているだけらしいです。

具体的には、下記のような理由から。

①高濃度の糖分が細菌内部の水分を減少させ、繁殖を抑える

②はちみつに含まれるグルコン酸に殺菌消毒作用がある。

1歳未満の乳児には厳禁!

ここまで、はちみつが如何に最強すぎる食べ物かを書きましたが、自然由来であるメリットに平行して、実はデメリットもあります。

それが、ボツリヌス菌と呼ばれる菌の食中毒です。

はちみつは土で育つ花の蜜が原料のため、土壌菌が含まれている可能性があり、全体の5%前後の割合で、ボツリヌス菌と呼ばれる菌が入っていることがあります。

大人であれば、はちみつに混入している程度の量のボツリヌス菌を摂取したところで、腸内細菌の棲み分けにより、腸内で繁殖することはないんですが、乳児は違います。

ここから、少し話しがズレますが、人間の「腸」って本当に凄くて、まず、生まれてから1年程度で、人は無数の細菌と契約し、腸内に「菌」が住み着くことを許可する代わりに、それら「菌」に体の機能や健康維持を担ってもらうことになります。

これは、人間が発達するために欠かせない進化だと言われていて、これが「腸内フローラ」(要は、腸内の細菌の棲み分け)と呼ばれるものです。

この腸内での細菌の棲み分けが完了することで、その後、色んな菌が体に侵入してきても、繁殖することが出来ず、体に害を及ぼすことを防いでいるわけです。

しかし、1歳未満の子供の場合、この腸内細菌の棲み分けが完了していません。

棲み分けの完了していない腸内に、ボツリヌス菌が進入すると、繁殖してしまうことがあります。

戦後間もない焼野原に、ヤ〇ザがやってきて、住み着くみたいなことです…笑

その結果、「乳児ボツリヌス症」を引き起こしてしまいます。

この「乳児ボツリヌス症」は、死に至ることもあるので、1歳未満の子供には、はちみつは食べさせないようにしてください。

ちなみに、加熱処理してもダメです。

詳細は省きますが、加熱処理をしても、「乳児ボツリヌス症」を防ぐことは出来ません。

それと同様のことが加工されている食品にも言えるので、「はちみつ」が入っている食品全般を、1歳未満の子供には、食べさせないようにしましょう。

周りで、小さい子供のいる親御さんで、こういった知識を知らない方がいれば、是非教えてあげてください。

ちなみに、乳児ボツリヌス症の94パーセントは6か月未満の乳児、症例の最高月例は11か月です。

スポンサーリンク

知り合いに共有してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする