オーガニックも危険!?最先端の日焼け止めは”天然オイル”

スポンサーリンク

夏になると気になってしまうのが日焼け。近年では、雑誌やメディアの紹介もあって様々な日焼け止めが市販されております。

しかし、その全てがお肌に対して良いというわけではなありません。中には、日焼けを止めるためにそれ以上の対価を支払わされるようなものも…。

この記事では日焼け止めの安全性や危険性、また、個人的に最強だと思っている日焼け止めを紹介したいと思います。

ほぼ毎日使う日焼け止めだからこそ、納得できるものを確実に選んでください。

日焼け止めの効果の指標は?

日焼け止めを使用する人にとって一番の興味は、日焼け止めの「効果」だと思いますが、その指針として記載されているのが、SPFという数値で、商品には30や50と書かれています。

一般的には、この数字が高い商品ほど日焼け止めとしての効果が高いと考えがちなんですが、この数字の本当の意味は、日焼けするまでの時間をSPF30なら30倍、SPF50なら、50倍まで、先延ばしにすることが出来るという意味です。

人が日焼けをする際、日に当たってから15分~20分程度の時間を経て日焼けが始まるんですが、その時間をSPF30なら、30倍まで伸ばせるということです。

勿論、日焼けをするまでの時間は人によって差があるので、単純な例として、SPF30を使用した場合、10分で日焼けが始まる人は30分まで、20分で日焼けが始まる人は1時間まで、日焼け止めの効果があるということになります。

SPFは高ければ高い方が良い?

上で、日焼け止め効果持続の指標としてSPFの数値が参考になると言いましたが、だからと言って、その数値が高ければ高い方が良いかと言うと、決してそうではありません。

当然その反動も当然あって、SPFの成分が強いほど皮膚呼吸ができなくなってしまったり、刺激が強過ぎて、スキントラブルになってしまうという事態が数多く報告されています。

近年では、この高すぎるSPFが原因で、日焼け止めによる発がんリスクまで指摘されているほどです。

なので、このリスクを回避したい場合は、むやみやたらにSPFが高いという理由で日焼け止めを選ぶのではなく、SPF30程度の日焼け止めを選ぶことをオススメします。

そもそも上で書いたように、SPFの数値は、日焼け止めとしての効果の高低ではなく、あくまでも日焼けまでの時間をどの程度の割合で先延ばししてくれるかなので、塗りなおす手間などを惜しまなければ、SPF30程度でも日焼け止めとしては十分です。

これら日焼け止めによる健康被害に関しては、後ほど詳しく解説するので、そちらを参考にされてください。

日焼け止めもう一つの成分PA

日焼け止めにはもう一つ重要な成分があり、それがPAと呼ばれる成分。これは、紫外線による肌へのダメージを軽減させてくれる指標で、プロテクショングレイドオブUVAの略称でPAと呼ばれています。

こちらは、先ほど説明したSPFと違い、特に有害となる物質は含まれていないと言われているので、基本的には、効果が高めのものを選んでも大丈夫です。

効果の基準としては、数値が4段階あり、PAの横の+の数が多いほど、より紫外線ダメージを軽減させてくれます。(下記のように表現されています。)

PA+

PA++

PA+++

PA++++

日焼け止めの健康被害

日焼け止めは化学合成物が含まれており、近年、その健康被害が危惧されています。

①皮膚のアレルギー反応

肌に合わない日焼け止めを使った際に起こる症状で、日焼け止めの副作用としては一番多いとされています。

その中でも、日焼け止めに含まれているオキシベンゾンという日焼け予防の成分が、アレルギー反応を引き起こしたり、ホルモンの分泌悪化を招くと言われており、一概には言えませんが、比較的に安価な海外製品が多い傾向にあります。

②発がん性の問題

日焼け止めに含まれているパラアミノ安息香酸プソラレンという紫外線の予防物質は、皮膚細胞のDNAに損傷をあたえて発ガンを誘発する危険性があるとされています。

肌に塗るだけで発がん性!?と思うかもしれませんが、人間の体に影響を与えるのは、なにも口から摂取した場合だけでなく、肌などからも成分が浸透し、体内に吸収されます。

少し怖い話になりますが、肌から吸収し、死に至る毒物なんかも実は結構あったりするぐらいですから。

そう考えると、肌に塗るんだから最悪でもニキビや肌荒れ程度でしょ、と思っていると、恐ろしいことになります。(そもそも、肌荒れやニキビも精神的な面を含めて、とてつもないストレスになります。)

下に、日焼け止めに使用されている成分で危険性があると指摘されているものと、それらの使用理由を紹介しておくので参考にしてみてください。

危険性が指摘されている化学物質一覧

〇防腐剤

商品が腐敗するのを防ぐために使用される化学添加物(食品添加物として、発がん性が危険視されているものがたくさん並んでいますね…)

「サリチル酸、パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)、フェノキシエタノール、ソルビン酸、ベンジンアルコール、安息香酸」

〇紫外線吸収剤

紫外線が肌に吸収されるのを防ぐために使用される化学添加物

「パルソールA、パラアミノ安息香酸、サリチル酸オクチル、プソラレン、ジベンゾイルメタン、メギゾリルSX、オキシベンゾン、ケイ皮酸」

〇界面活性剤

本来は混ざりにくいものを混ぜ合わせるため(乳化)に使用される化学添加物

「ジメチコン、イソステアリン酸、ジメチコンポリオール、ポリクオタニウム」

日焼け止めの健康被害対策とは

「発がん性がある」とは言っても、当たり前ですが一度使用したからといって、どうこうなるわけではありませんし、あくまでも長い目で見た時の可能性の問題です。

ここら辺は食生活と似ていて、長い間負担をかけ続けることにより、結果として体に悪影響を及ぼす危険性が高まります。

なので、その可能性を少しでも減らすために、不要な時には、日焼け止めをしっかり洗い流すというのが、実はシンプルですが効果てきめん。

実際、日焼け止めをキチンと洗い流すだけで、肌トラブルなどのリスクが激減する事が分かっています。

また、毛穴に詰まっている日焼け止めを押し出すためしっかりと汗を出すことも効果的で、シャワーだけでなく湯船につかったり、半身浴、またサウナやスポーツをする事も効果があります。

これら対処方法は、出来るだけ日焼け止めを肌に触れさせないためのものでしたが、他にも、出来るだけ肌に負担をかけない日焼け止めを使用する方法もあります。

最近では、消費者の健康意識の高まりもあり、オーガニックな日焼け止めも売られています。

ですが、ここは注意が必要で、一般的にオーガニックと言われているものでも、添加物まみれなことも少なくありません。

商品の一部にオーガニックなものを使っただけで「オーガニック」をうたっていたり、他にも、「無添加」と書かれているけれど、実際には特定の添加物が無添加なだけで、それ以外にはたくさん添加物を使用しているなんてこともザラです。

なので、それら言葉を鵜呑みにするのではなく、上で書いた添加物と成分表を比較しながら選んでみてください。

最強の日焼け止め「ラズベリーシードオイル」

私が今現在使っていて、個人的に最強と思っている日焼け止めが「ラズベリーシードオイル」という、天然のオイルです。

これは、日焼け止めとして開発されたものではなく、元々は天然オイルとして使用されていたものです。

その天然オイルを研究していた海外の機関が、論文として高い日焼け止め効果を発表したことで話題になりました。

この論文を鵜呑みにするのであれば、それはそれは凄まじい日焼け止め効果で、化学添加物をふんだんに使用した日焼け止めに全く引けを取らない効果です。

その論文による数値が、「SPF値28~50、PA++」!!!

一般的に売られている商品の値を知っている人であれば、この数値が凄いことはすぐに分かると思います。

しかも、化学添加物を一切使用していない、完全な天然オイルでこの数値です。

保湿剤や美容液、アンチエイジングとしてのオイルとして使用されていることもあり、肌への好影響も申し分ない、その上で日焼け対策としてのこれだけの効果。

私はこのオイルの存在を知った瞬間、速攻で買いました(笑)

それ以来、日焼け止め対策として、ずーっと使っています。

勿論、人によっては肌に合わないという場合もあると思いますが、オーガニックにこだわるのであれば、実際に手に取って使用してみることをオススメします。

匂いが気になるという人もいるようですが、私は全く気になりませんし、最高の日焼け止めです。(唯一、値段がそれ相応しますが…)

参考までに!

スポンサーリンク

知り合いに共有してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする