医療従事者に聞いた受けたくない治療No1は「抗がん剤」だった…

スポンサーリンク

今や日本は「ガン大国」とも言われ、日本人の3人に1人はがんで亡くなる時代。医学界にとっても「ガン」の治療は早急に取り組むべき問題で、今現在、その治療方法のメインが「抗がん剤」治療です。ですが、私の知り合いの医療従事者に聞いたところ、絶対に受けたくない治療No1は「抗がん剤治療」だというのです。それには「抗がん剤治療には効果がない」という側面以外にも、内部事情を知っている人間ならではの見解があります。

抗がん剤治療は効かない!?

2017年のある月の産経新聞の見出しで衝撃的な内容が掛かれていました。

それが、「抗がん剤治療は効かない」というもの。

内容的には、効かないといったダイレクトな表現ではなく、あくまでも「延命に効果がない」といったマイルドな言い回しですが、我々からしたら、延命に効果がないのであれば、それは効果がないと同じ意味でしょう。

これは、医療業界に携わる人間、また内部事情に詳しい人間にとっては、抗がん剤治療を受けた人のその後の経過や平均寿命などを知っていますから、ある意味常識だったわけです。

それを一般向けに発表したのが、産経新聞であったということです。

これは、抗がん剤治療に限らず、ガンの摘出手術でも同じことが言えます。

実際に、ガンの外科治療を最前線で行っていた人が、手術跡の患者の経過などを調べた際に、あまりの延命効果のなさに愕然したと言われていました。

その後、その人は、ゲルソン療法と呼ばれる、海外では有名な治療法に目を付け、実際に行ったところ、とてつもない効果に衝撃を受け、今はゲルソン療法を日本風にアレンジし、ガン治療を行っています。

興味がある人は「ガンが食事で治るという事実」という本を購入されてみてください。

ゲルソン療法とは、メスや薬を使わない一種の「生活習慣療法」とも言える方法で、人間が本来持っている治癒能力を最大限高めることで、ガンを治すという方法です。

医療従事者に聞いた最も受けたくない治療No1は「抗がん剤治療」

私が知人の医療従事者に、最も受けたくない治療は?と聞いたところ、「抗がん剤」治療と即答でした。

その理由の一つが、上でも書いた「効果のなさ」らしいですが、それ以外にもいくつか理由があると言っていました。

まず1つ目が「抗がん剤治療」の苦痛さ

よく内情を知らない人だと、「ガン=激しい痛みと苦痛」を想像すると思いますが、実際には、つらく苦しい、激しい痛みを伴うのは「抗がん剤治療」や「内臓摘出」の方で、ガンになったからと言って、激しい痛みに襲われたりと言ったことはあまりないそうです。

実際に、普段から健康診断を受けていない人は、自分がガンになっていると気付かずに、別の原因で亡くなることもよくあることだと言われています。

実際に、医療現場で活躍されている近藤誠氏が書かれた本「抗がん剤は効かない」などを読むと、その内情が良く分かります。

つまり、「抗がん剤治療」や「外科手術」などは、効果がないだけでなく、苦しく痛いことを患者に強いている治療法なのです。

知人はそんな治療は死んでも受けたくないと言っていますし、私個人としては、今後訴訟問題に発展する可能性もあると思っています。

そしてもう一つが、医療業界が抱える”闇”です。

一般の人からすれば、なぜ効果もない上、苦痛を強いるだけの治療が当たり前のように行われているのか、疑問に思うはず。

その理由は、極々単純で、「抗がん剤治療」は儲かるからです。

ここが最大の問題点で、今の医学は完全にビジネス優先です。(この流れを作ったのは、ロックフェラーであると言われています)

製薬会社は薬の開発に莫大なお金を掛けており、それをペイするためには、効く効かない以前に、「使う」しか道がないのです。

ちなみに、医学系の大学なども製薬会社から多額の寄付金を得ているため、製薬会社を無下にすることは出来ず、投薬治療を前提にした治療法が教えられます。

その結果、昔から伝え教えられてきた東洋医学はある種のオカルトとして扱われ、手術や薬による治療がメインの西洋医学が礼賛される現状。

これが、抗がん剤治療を受けたくないと言った、私の知人の医療従事者が語ってくれた内容です。

やはり最後に自分の身を守るのは自分しかいないということですね。

スポンサーリンク

知り合いに共有してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする