【拡散希望】国も動脈硬化界も認めた悪玉(LDL)コレステロールの嘘!健康詐欺にストップ!

スポンサーリンク

長年、悪玉コレステロールとして嫌われ続けてきたLDLコレステロールと呼ばれるもの。ですが、実際には全く害がないどころか、人間の体にとって重要な役割があることが最近では分かっています。今まで散々国民を騙してきた厚生労働省や専門の医学会ですら認めた事実です。…にも関わらず、それが浸透しておらず、ネット上では、未だに悪玉コレステロールがどうのこうの言っているサイトが多数です。是非、当記事でなくても良いので、この事実を拡散して欲しいと思います。

そもそも悪玉コレステロールと呼ばれていたLDLって?

長い間、悪玉コレステロールと呼ばれていたLDLですが、LDLというのは、肝臓で生成されたコレステロールを体中の器官に運ぶ役割を担っているリポたんぱくと呼ばれるものです。

一方で、善玉コレステロールと呼ばれるものがありますが、それはHDLと呼ばれるもので、先ほどのLDLとは違い、こちらは、LDLが運搬し使用した体内で活用されたコレステロールを回収し、肝臓に届ける役割を担っています。

要は、今まで、悪玉コレステロールと呼ばれていたものは、コレステロールを運搬する係で、善玉コレステロールというのは、コレステロールを回収する係のことを指していて、役割が違うだけの存在だったわけです。

それを「悪玉」だの「善玉」だの言って区別する意味が分かりませんが、長い間、人間にとって大切な、コレステロールを体内で活用するための重要な役割を持ったLDLを我々人間は悪者扱いしてきました。

話を戻します。

ではなぜ、LDLは長い間、悪玉コレステロールと呼ばれていたのか

まず、LDLというのは、上でも言ったように、体の様々な器官にコレステロールを運搬するんですが、その際に、活性酸素とぶつかることで、運んでいたコレステロールが血管内にばら撒かれるという現象が起こることがあります。

その際、血管内に散らばったコレステロールを掃除しなければならないわけですが、その時に活躍するのが、マクロファージと呼ばれる体内のお掃除屋さん。

しかし、あまりにもばら撒かれた数が多すぎた場合、アクロファージだけでは対応しきれなくなり、その際に、平滑筋細胞と呼ばれるものが片づけに駆けつけてくれますが、これらマクロファージや平滑筋細胞がコレステロールやリポタンパクを取り込むことで発生するのが、アテロームと呼ばれるもの。

このアテロームというのは、粥状の隆起のことで、これが、血管を詰まらせ、結果的に心筋梗塞や動脈硬化を引き起こす元になります。

ちなみに、この現象に関しては、HDLでも同様に起こります。

ですが、HDLは善玉コレステロールと呼ばれていますよね。

この違いが何なのかというと、一緒に内包されているレシチンの量です。

上で、血管内にばら撒かれたコレステロールはマクロファージや平滑筋細胞が掃除をすると言いましたが、それよりも先に掃除役としての役割を担うのが、LDLやHDLに内包されているレシチンです。

レシチンには、血管内のコレステロールを体外に排出する効果があり、更にマクロファージや平滑筋細胞と違い、アテロームを発生させません。

このレシチンの量がLDLは少なく、HDLは多い。

結果として、LDLはマクロファージや平滑筋細胞に頼ることが多くなり、その結果、血管を詰まらせる原因になるアテロームが発生しやすくなる。

これが、長年LDLが悪玉コレステロールと呼ばれてきた理由です。

…が、よく考えてみて欲しいんですが、上で書いた内容は、果たしてLDLが原因なのか?というと、どう考えても違いますよね。

原因はアテロームと呼ばれるものであり、しいてはその根本原因を作っている活性酸素が原因です。

そもそも、人間の体にはコレステロールが必要不可欠です。

コレステロールは、細胞や骨の生成に関わっている上、ガンの予防にも重要な役割を果たしていると言われています。

そのコレステロールを正常に運搬出来なければ、人間の体は正しく機能しません。

太古の昔から、今の今まで機能として我々の体に残っていことが何よりの証拠です。

なので、問題はLDLが血管内に放置したコレステロールではなく、なぜ、ばら撒かれたコレステロールを掃除する際に発生するアテロームが血管内に詰まってしまうのか、です。

それが、上でも説明した、「活性酸素」が一つ。

活性酸素というのは、人間の体に必要なものであるんですが、この量があまりにも増えすぎると、上で説明したような、LDLの活動を阻害したり、その強すぎる酸化力などにより、体に支障をきたします。

一つと書いたのには理由があり、活性酸素以外にも、動脈硬化や心筋梗塞となる原因があります。

それが…血管の炎症です。

血管が炎症していると、体内の血流がスムーズにならず、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

そして、こちらは活性酸素の存在以上に問題だと指摘する人もいるほど、重大な問題です。

では、なぜ血管が炎症を起こすのか。

その最大の理由が…「」です。

砂糖や、炭水化物の「糖質」が血管を炎症させている最大の原因です。

このサイトでは、現代人の糖質や糖の過剰摂取が今最も重大な問題だと指摘していますが、その糖(糖質)が一見無関係そうな、動脈硬化や心筋梗塞にも関与しているわけです。

どういう理由で血管の炎症を引き起こしているのかというと、過剰に摂取された糖というのは、体内に残留してしますが、その小さな結晶が血管を傷つけてしまうのです。

他にも、砂糖を含む糖質の過剰摂取は、万病の元ですが、ここでは本題と逸れるので、また別の機会に紹介したいと思います。

悪玉コレステロールについてのまとめ

ダラダラと長くなったので、最後に短くまとめておきます。

今まで悪玉コレステロールと呼ばれていたLDLというのは、肝臓で生成されたコレステロールを運搬する係で、善玉コレステロールというのは、コレステロールを回収し肝臓に届ける係で、役割が違うだけでどちらも体にとって必要な存在。

動脈硬化や心筋梗塞は、LDLが引き起こしているのではなく、活性酸素や現代人の健康被害の最大の要因である、糖や糖質の過剰摂取による血管の炎症が、根本的な原因。

これら内容は、医学界の内情や一部の知識人は知っていましたが、今は厚生労働省や動脈硬化学界と呼ばれる専門の機関もやっと認めた事実です。

今まで、悪玉コレステロールと忌み嫌われていたLDL及びコレステロールの汚名がやっと晴れたわけですが、全人類を代表してLDLに謝罪したい(笑)それぐらいの気持ちです。

ですが、謝ってどうこうなるわけではないので、今出来ることは、この事実を世の中に広めることだと思っています。

もうね、未だに堂々と「悪玉コレステロールが~」とか、「悪玉コレステロールの減らし方は~」とか言っている残念な知識人気取りの人や、サイトが多すぎます。

一般人が作ったサイトなら100歩譲って許せますが、専門家らしき人が書いたサイトなどでも、未だに堂々と書かれていることは本当に理解出来ない。

研究や論文で、間違った結論に至ることは、私は仕方ないと思っています。それを恐れていたら、世の中は何も進みませんから。

ですが、その間違いを正そうとしない、専門家やメディアは本当に許せない

どれだけ間違った情報を世の中に広めれば済むのか。

その結果、どれだけの人が無駄な…それどころか逆に健康を損なうような悪しき習慣を長い間行ってきたことか。

本当に世の中に正しい情報を伝えたいと思っているのなら、メディアや専門機関が間違いを認め、コレステロールに悪も善もなく、我々の体に必要不可欠なものだと、電波を使い、バンバン放送するぐらいの気概はあっても良いと思うんですよ。

もっと言えば、自分たちで広めた間違いなのだから、お金を使い広告を打ってでも、世の中に広める義務があるはずです。

自分たちにとって都合の良い情報、例えば、研究で判明した新事実や、特定機関の存在価値や優越感に浸れる情報、または視聴者の目を引くことが出来るような情報は、大した裏付けもなくすぐに発信するくせに、それら情報が間違ったことだった場合は何の訂正もない。

これは何も、悪玉コレステロールに限った話ではありません。その他にも、まだまだあります。興味があれば調べてみてください。いくらでも出てきます(笑)

このサイトでも、そういった情報があれば、どんどん追記して行きますし、もし何か知っている情報などがあれば、当サイトのコメント欄に残して頂くか、投稿フォームからご連絡して頂ければ、またサイトに記述して行きたいと思います。※勿論、私なりにちゃんと裏付けを取った上でになります。

スポンサーリンク

知り合いに共有してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする