酸味料の人体への影響や危険性は!?またそれ以上に恐ろしいものが…

スポンサーリンク

加工食品や飲料物に、必ずと言っても良いほど添加されている添加物「酸味料」。多くの場合、何が酸味料として使われているのかが気になるかもしれませんが、それ以上にこの酸味料には恐ろしい一面があります。

酸味料とは!?

酸味料とは、言葉の通り、食品に酸味を加えるために添加される食品添加物です。

ただし、酸味料と言っても、みかんやリンゴなどの果物に含まれる酸味のことだけでなく、味をまろやかにしたりするためなどにも使われています。(これは、酸味料として何が添加されているのかにもよります。)

酸味料の種類とは!?

酢酸、クエン酸、コハク酸、乳酸、リンゴ酸、酒石酸、グルコン酸、リン酸…etc

一般的に酸味料として使われているものは上記に挙げたものです。

いわゆる、柑橘系の酸味を出している成分が、クエン酸(これは有名ですよね。)

クエン酸単体に関して、別記事で詳しく解説しているので、そちらを参考にしてみてください。

⇒ クエン酸の効果効能とは!?

酸味料の危険性、人体への影響とは!?

食品添加物全般、化学的に精製されている成分だから、ヤバイ!と思っている人が多いです。

確かに化学的に精製されていますし、中には、自然界には存在しにくいと言われるような添加物も存在しているんですが、ほとんどの添加物は、私たち消費者が普通に口にするような作物から、特定の成分を抽出しているだけです。

上記に挙げた酸味料も、全て作物から成分を抽出していて、単体で見た時に危険と言われるようなものは特にないと言われています。

よく、特定の成分が危険視されることがありますが、それが本当であれば、その成分を含む作物全てが危険であることになってしまいますからね。

勿論、本来なら口に入ることのないようなものから抽出していたりするような添加物は別ですが、基本的には、自然界に普通に存在する成分です。

なら、何が問題で危険なのか、というと、2つあります。

一つが原料の問題

これは、食品添加物には必ずと言って良いほど付きまとう問題で、一般に普及している食品添加物の原料の多くが、遺伝子組み換えの作物であると言われています。

他にも、これまた別記事で書きましたが、クズ肉工業用の油を抽出した後の大豆の搾りかす、更には人間の髪の毛まで原料として使っているなんて無茶苦茶な話があったりするなど、使っている原料があまりにも劣悪なことが多いです。(詳細に興味がある場合は、下記記事を閲覧してみてください)

⇒ 人間の髪の毛が調味料に!?化学調味料の恐るべき実態…

そして、もう一つの問題が、栄養バランスの崩壊。

作物には普通、単体の栄養素が含まれているわけではなく、色んな栄養素がバランス良く含まれています。

それを昔から、人間は口にし、生きて来たわけです。

この自然な栄養バランスを無視して特定の成分だけを抽出して添加すると、栄養バランスが崩壊します。

これが現代の食生活最大の問題だと私は思っていて、特に現代人は、砂糖を含む甘味料の取り過ぎです。

これは、今回の酸味料の問題にも繋がってきていて、酸味料を添加する多くの場合、同時に砂糖などの甘味料も添加されます。

そうして味のバランスを取っているわけです(栄養ではなく、あくまでも味です)が、そのことにより、結果として、多くの甘味料を摂取してしまいます。

個別の添加物の危険性うんぬんよりも、こちらの方が遥かに問題です。

一番顕著な例が、一般に普及してい清涼飲料水です。

よく、市販のオレンジジュースだとか、グレープジュースだとかはラベルに、「無果汁」とか「果汁1%未満」などと書いてますよね。

これは、簡単に言えば、砂糖水に酸味料を加えてそれっぽい味にしているだけの飲み物だということです。

どれぐらいの甘味料が入っているかというと、500mlの炭酸ジュースに角砂糖換算で16個程度入っていると言われています。

ほとんどの清涼飲料水がそんな感じで、砂糖水に色んな種類の酸味料を加えることで、色んな味を表現しているだけです。

実際に果汁100%のオレンジジュースを作ってみれば分かりますが、コストがかかり過ぎて、とてもじゃないけど、あんな値段で販売出来ません。

なので、酸味料の成分が何かということよりも、もっと大きな問題として、結果的に多くの甘味料などを摂取してしまっていることを危惧して欲しいと思います。

スポンサーリンク

知り合いに共有してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする