サツマイモはダイエットにも効果的!?その凄すぎる栄養素と効果効能を紹介!!

スポンサーリンク

多くの芋類が日本国内で流通しており、日常的に食されています。その中でも秋の味覚と言えば「サツマイモ」。現代ではサツマイモを主食と考える人は減り、どちらかと言えば、おかずやおやつなどの感覚で食されることが多いですが、実はとても健康的で多くの栄養素が含まれた優れた食品でもあります。その具体的な効果効能や、ダイエット効果やがん予防効果などについて紹介します。

サツマイモの代表的な栄養素「食物繊維」

サツマイモは食物繊維が豊富な食材の一つともなっています。食物繊維を摂取する事で、腸内環境の働きを促進させてくれるからです。腸内環境の働きが促進される事で、便秘の悩みの解消や消化器官、体内器官の働きを改善してくれます。またこれらの器官の働きが促進される事で、新陳代謝もアップしダイエット効果も期待出来ます。

※更に具体的な食物繊維の効果効能などについて知りたい場合は、下記記事を参考にされてください。

人間の体で消化出来ないという理由から今まで軽視されていた「食物繊維」ですが、最近の研究で実は人間にとって不可欠な栄養素であることが分かってきました。特に腸内環境にとって重要な栄養素で、そんな食物繊維とはそもそも何なのか、また効果効能や多く含まれる野菜や果物などを詳しく紹介します。ただし、取り過ぎによるデメリットもあるので、それも解説します。

サツマイモ特有の成分ヤラピン

サツマイモを包丁でカットすると切り口から白いデンプン質の様な絵躯体が滲み出てきます。この成分はヤラピンといい、数多くある食材の中でもサツマイモにしか含まれていない成分となっています。このヤラピンは腸内運動を活性化する作用があると言われています。サツマイモを食べると便意が正常になると言われていますが、サツマイモの豊富な食物繊維との相乗効果によってより便意を促進させてくれているのです。

サツマイモに多量に含まれるビタミン類

ビタミン類を多く含む食品となると野菜やフルーツをイメージしてしまいますが、実はサツマイモにも多量のビタミンが含まれています。特にビタミンCは豊富で、ビタミンCは抗酸化作用に優れた成分となっており、肌細胞の活性化や抵抗力アップに効果的となっており、美肌作りに欠かせない成分となっています。それ以外にも、ビタミンEも多く含まれており、ビタミンEは肌に潤いやツヤを与えてくれる成分となっており、美肌作りに欠かせない成分となっています。

サツマイモのダイエット効果

サツマイモを始め、芋類は炭水化物がメインの栄養素なので、食べると「太ってしまう」というイメージを持っている方も多くいます。しかしその他の炭水化物の食材と比較し、サツマイモはダイエット効果が期待出来る食材です。上でも書いたように、サツマイモにはビタミンB1、ビタミンB2といったビタミンB群が豊富に含まれています。このビタミンB群にはエネルギーの代謝を高めてくれる効果があります。蓄積されてしまった脂質や糖質はなかなか代謝されない事で、ダイエット効果を得られない事を大きな悩みとされている方も多くいらっしゃいます。しかしサツマイモに含まれているビタミンB群はエネルギー代謝をアップする働きがあるとして、ダイエット効果にも大きく期待出来るのです。

サツマイモのガン予防効果

サツマイモにはガングリオシドという成分が含まれています。ガングリオシドは人間の体内にも存在している糖脂質の一種となっており、ガン細胞の増殖を抑制する働きにも効果的となっています。さらにこのガングリオシドと呼ばれる成分は認知症の予防やアンチエイジング効果も発揮するマルチな働きを行う成分となっています。

実は栄養価の高いサツマイモの皮

サツマイモを食べる時は皮を剥くのが一般的です。しかしサツマイモの皮や皮と身の間の部分は実は最も栄養が含まれている部分でもあります。※これは、みかんの白い部分の筋なんかもそうです。それ以外にも皮には重要な役割があり、ビタミンCは熱に弱く、皮を剥がすとほとんどが溶け出してしまいますが、皮のデンプン質が溶け出しを防護してくれ多くの栄養成分をしっかりと保ってくれます。

サツマイモに関するまとめ

サツマイモを何気なく味わっている方が多くいらっしゃいますが、実は多くの栄養成分が含まれており病気や症状の予防や緩和にも効果的となっています。現代人の主食のメインは、生成されたお米や小麦ですが、昔の人は芋類を主食として食べていました。今でも、発展途上国などでは、主食が芋類ということも珍しくありません。人類の歴史で長い間主食として食べられてきた芋類には、それだけ我々の体にとって栄養価が高いという意味でもあるのです。そういう意味もあり、積極的に芋類、を摂っていきたいですね。

スポンサーリンク

知り合いに共有してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする