シャンプーのノンシリコンに注意!!添加物問題は食品だけじゃない!!

スポンサーリンク

ここ数年、ドラッグストアのシャンプー売り場でよく目にする「ノンシリコン」という言葉。一見すると体に良さそうな気がしますが、実は「ノンシリコン」だからと言って必ずしも体に良いわけではないということを知っているでしょうか。

ノンシリコンってなに!?

ノンシリコンって言葉をドラッグストアやシャンプーのCMでも良く見かけますよね。

だけど「シリコン」って何か体に良くなさそうだけれど、結局何なのかよくわからない人も多いと思います。

まず間違えそうなのですが、シリコンが使ってあるシャンプーの原材料に、シリコンと書いてあるわけではありません

シリコンは髪に艶を与え、指通りが良くなるために、髪にコーティングする目的で使われている合成樹脂のことを指します。

シリコンには様々な種類があるので、シャンプー以外にも豊胸手術で使われる物や、手袋の素材に使われる物もあります。

原材料にはシリコンではなく、○○チコンと表示されることが多く、例えばシクロメチコン、シロキ、シリカ、ジメチコン、メチコンなどがあります。

いくつか名前を見ると、シャンプーだけではなく、ワックスや化粧品にも使われていることに気付くと思います。

私達の周りには、シリコン成分で出来た物がとても沢山あるのです。

シリコンのメリットとデメリット

シリコンは髪に艶を与え、しっとりとまとめやすい髪質にしてくれます。

そのため髪質が元々広がりやすいタイプの人だと、シリコンが含有されているシャンプーの方が髪がまとまりやすいというメリットがあります。

一方で、シリコンのデメリット。

それは、髪だけじゃなく、頭皮までコーティングしてしまうことです。

髪を洗う場合、当然ですが、シャンプーの成分は髪の毛だけでなく頭皮にも付着します。

この際に、シリコンが頭皮にも影響を与えてしまうわけです。

その結果、頭皮環境が悪くなり、健康な髪が生えにくくなったり、抜け毛が増えたり、頭皮にニキビができやすくなると言われています。

体質や髪質によっても違いますが、頭皮環境が良くなく悩んでいる人が、ノンシリコンシャンプーにすると健康な頭皮を取り戻す場合があります。

シリコンによる環境汚染

人体に与える影響ばかりが注目されるシリコンですが、それとは別の問題がシリコンにはあります。

それが、環境汚染

シリコンは化学的に合成された、自然界にはない物質です。

私達がシャンプーなどを洗い流した排水には、当然ですがシリコンが含まれます。

化学物質であるシリコンが河川に流れた場合、自然に分解されることがなく、自然界へ悪影響があると考えられています。

単純に河川の汚染という影響以外にも、自然界の生態系への影響なども懸念されています。

ノンシリコンにも注意が必要

私たちはノンシリコンというキーワードが付いたシャンプーなら、深く考えずに体に良いと思いがちです。

最近は、ノンシリコンのシャンプーも市民権を得ていて、多くの消費者が、ノンシリコンであるということを理由に、特定のシャンプーを手に取ることが増えています。

そのため、メーカー側も積極的に「ノンシリコンのシャンプー」であることをアピールします。

しかし、ただ単に「ノンシリコンなら体に良い」というわけでありません。

ノンシリコンである代わりに、全く別の、物によってはシリコン以上に体への悪影響が懸念されるような化学物質をじゃぶじゃぶ含んだシャンプーを販売しているメーカーもあります。

シリコンは安全性に疑問を持つ人が多い反面、ツヤのあるしっとりした髪の毛にしてくれる優秀な成分です。

だから、メーカーも添加しているわけです。

そんな優秀な成分のシリコンなしで、髪にツヤをもたせたり、しっとりした髪質にするのは大変。そこには裏があって当然と言えば当然です。

要は、ノンシリコンなのに、今までのシャンプーと同等かそれ以上に艶を生んでくれるようなシャンプーは、ある意味で不自然ともとれるということですね。

実際、中にはシリコンに分類されないだけで、シリコンに類似した化学物質を使用している場合も少なくありません。

最後は自分の体と相談

今現在もシリコンを含んだシャンプーを販売しているメーカーは沢山あります。

それら販売メーカーは、シリコンは頭皮にも自然界にも悪影響がないとしています。(国が人体への悪影響を公式に認めない限りは、この流れは続くと思われます。)

企業としてはある意味で当然の対応ともとれますが、結局のところ、最後は、自分で判断するしかありません。

その際の指標として、自分の体に合うか合わないか、というのが非常に重要です。

これは私自身の体験なんですが、一時期、オーガニックに拘りまくっていた時期があり、その時に、シャンプーもオーガニックのものを選んでいました。

その結果どうなったか。

頭皮の痒みが止まらず、フケまみれになっていました(笑)

いくつものオーガニックシャンプーを試しましたが、それら症状は治まらずに、結局、市販で売られている普通のノンシリコンシャンプーにしてやっと症状が治まりました

こんな風に、オーガニックだからなんでもかんでも良いというわけではなく、体質に合わなければ、肌荒れを起こすこともあります。

結局、一番大切なことは、自分の髪や体と合うかどうかです。頭皮が荒れないか、髪がゴワゴワしないか、使い心地は良いか。

出来ればその中でも、ノンシリコンのもの、オーガニックのものを選ぶことをお勧めしますが、最後は、自分の体と相談し、最善の選択をしてもらえればと思います。

スポンサーリンク

知り合いに共有してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする