ショートニングの危険性とは!?体に悪いトランス脂肪酸の摂取量の目安は!?

スポンサーリンク

パンやお菓子など様々な食べ物に使用されているショートニングですが、身体によくない添加物だと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ここでは、ショートニングとは何か、そしてその危険性や安全に利用する方法について紹介していきます。

ショートニングとは!?

ショートニングとは、基本的には植物油から生成された食用油脂を指します。

マーガリンから油脂を精製したもので、マーガリンよりも無味無臭で、焼き菓子等に入れることでマーガリンやバターと同様にサクサクとした食感を出すことができます。

ショートニングは生乳からつくられたバターと異なり、植物油でできているので安く入手でき、日持ちもします。そのため、製パン、製菓の世界では重宝されています。

ショートニングの危険性とは!?

このように便利なショートニングですが、健康に悪いといわれているのはなぜでしょうか。

逆に、植物油からできているのならばコレステロールなどの面からバターよりも健康的ではないかと思う方もいるかもしれません。

ショートニングが危険視される原因は、トランス脂肪酸です。

トランス脂肪酸とは、不飽和脂肪酸の一種で、天然のものと油脂を加工する際に生成されるものがあります。

天然のものはバターなどにも含まれますが、微量です。

それに対し、油脂を加工する際には多くのトランス脂肪酸が生成されます

トランス脂肪酸は、摂り過ぎた場合、善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やすとされています。

さらに、心臓病のリスクを高めるという研究結果もあります。がんや婦人病の原因ではないかという説を唱える人もいます。

ショートニングやマーガリンは植物油に水素添加をすることで常温で半固形状になるよう加工されたもので、その加工の際にトランス脂肪酸が発生します。

ショートニングはさらにマーガリンを精製したものになりますので、より多い割合でトランス脂肪酸が含まれることになります。

そのため、食品添加物としてショートニングを使った食品を摂り過ぎるとトランス脂肪酸も摂り過ぎてしまい、身体に悪影響を及ぼす危険性があるのです。

海外ではトランス脂肪酸を多く含んだ食品の販売が禁止されたり、食品に含まれるトランス脂肪酸の量を表示することを義務付けられたりしています。

しかし、日本では公的機関によるトランス脂肪酸対策はなされていないのが現状です。

ショートニングを安全に利用するには!?

人間の健康のために設立された国際機関であるWHOは、一日あたりのトランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー量の1%未満に抑えることを推奨しています。

これは日本人の平均でいうと一日2グラム未満となります。

したがって、ショートニングが含まれた食品を摂取しても、この目標値以下になるのであれば、一定の安全性はあると考えられます。

農林水産省の2008年の調査によると、日本人の一日当たりに摂取している平均的なトランス脂肪酸の摂取量は1グラム以下とされています。

しかし、これは平均ですので、ファストフードやショートニングを含んだお菓子をよく食べるという方は注意する必要があります。

尚、当然のことながら、トランス脂肪酸の多く含まれたショートニングなどの植物油に気を付けていればよいというわけではなくありません。

トランス脂肪酸が少ないといわれている飽和脂肪酸も摂り過ぎると生活習慣病の原因となります。

最後に

ショートニングはお菓子やパンをおいしくしてくれ、便利だという良い面がありますが、トランス脂肪酸が多く含まれているといった点で注意が必要な添加物です。

トランス脂肪酸についてはまだまだ研究段階で、人体にどんな影響があるかは不透明です。

ショートニングに限らず、脂質の摂り過ぎは健康を害する恐れがありますし、脂質の摂り過ぎに注意することによってショートニングの摂取量も自然と抑えられるのではないでしょうか。

ショートニング、トランス脂肪酸の摂取をできるだけ抑えるように注意しつつ、食事全体の栄養バランスに気をつけることをお勧めします。

スポンサーリンク

知り合いに共有してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする