シックハウス症候群の症状や治し方(治療)とは!?空気清浄機には効果がない!?

スポンサーリンク

シックハウス症候群とは、住宅や建造物に何らかの原因があって起こる、体調不良やアレルギー症状の総称のことです。

主な原因は、建物の建材や家具に含まれる化学物質が発散する有毒なガスです。

化学物質には、接着剤や塗料、防腐剤として使用されるホルムアルデヒドやアセトアルデヒド、トルエン、キシレンなどがあげられます。

シックハウス症候群になる原因は化学物質だけではありません。

カビやダニ、花粉、電磁波や気圧なども、シックハウス症候群を引き起こす原因となります。

シックハウス症候群の症状について

シックハウス症候群によって現れる症状には様々なものがあり、症状の度合いも人によって異なります。

目にあらわれる症状には、目がチカチカとしたり、涙目やドライアイ、疲れ目、充血結膜炎、視力低下などがあります。

耳鳴りや難聴などの症状が出る場合や、鼻水、鼻詰まりになる場合もあります。

喉の痛みや口の渇きなど、のどや口に症状が現れる人もいます。

引っ越してからアトピー性皮膚炎を発症する人や、もともとアトピーだった人のアトピーが重症化することもあります。

肌が赤身を帯びて痒くなったり、蕁麻疹やトビヒ、皮膚炎を発症することもあります。

また、動悸や息切れ、頭痛、倦怠感、疲労感、吐き気、食欲低下、腹痛、めまい、不眠、などシックハウス症候群によって引き起こる症状は全身にわたります。

シックハウス症候群の症状が重度の場合や、複数の症状に悩まされることもあり、精神的なストレスから精神疾患を併発する危険もあります。

シックハウス症候群による症状例:涙目、ドライアイ、疲れ目、充血結膜炎、視力低下、耳鳴りや難聴、鼻水、鼻詰まり、のどの痛み、口の渇き、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、トビヒ、皮膚炎、動機や息切れ、頭痛、倦怠感、疲労感、吐き気、食欲低下、腹痛、めまい、不眠…etc

シックハウス症候群の治療法について

引っ越しを機会に体調不良があらわれたらシックハウス症候群を疑い、すぐさま病院で検査を受けましょう。

まずは、アレルギー科のある病院や、出来ればシックハウス症候群の専門外来のある病院で受診し、アレルギーの具体的な原因をつきとめなければなりません。

また、あらわれる症状によって、皮膚科や眼科、耳鼻咽喉科、内科などを受診して症状を和らげる薬を処方してもらいましょう。

シックハウス症候群の治療には、薬による治療の他に、健康維持の為の運動療法や温泉療法、食事療法などがあります。

運動療法では、ランニングやラジオ体操、ストレッチなどをおこなうことで体力を養い、病気に負けない体づくりを目指します。

温泉療法は、汗をかいて新陳代謝をアップさせ、化学物質を体外に排出させるよう促します。

食事療法としては、例えば、ビタミンやミネラルを豊富に摂り入れてバランスの良い食事を心がけます。

解毒効果を促進させるタウリンを摂取するのもおすすめです。

薬物療法、運動療法、温泉療法、食事療法と治療法はいろいろありますが、なによりも一番効果的なのはアレルギーの原因となる物質を除去することです。

原因物質が特定できたら、家の中のシックハウスの原因となるものを無くしていく必要があります。

原因物質の除去が無理な場合には、引っ越しを検討することも考えなければなりません。

シックハウス症候群の主な治療法:投薬療法、運動療法、温泉療法、食事療法、※ただし、一番重要なのは、アレルギーを起こす原因物質の特定と除去

シックハウス症候群の対策について

家庭でできるシックハウス症候群の対策は、窓を開けて家の中の空気を循環させることが一番です。

最近の住宅家屋は気密性が高く、昔の日本古来の家屋のように風通りが良くありません。なので、定期的に窓を開けて換気扇を回すことで、室内の空気を入れ替えてあげましょう。

室内の換気を良くすることは、化学物質濃度の高い室内の空気を入れ替えるだけでなく、カビやダニの予防にもつながります。

湿気がこもるバスルームや洗面所、押入れ、タンスやソファの裏側などにも空気を通してあげましょう。こまめな換気で、室内にこもった空気を、外の新しい空気に入れ替えてあげることが大切です。

室内の換気とともに、毎日の室内掃除も心がけましょう。

絨毯や畳は掃除機でゴミを丁寧に吸い取り、布団にも掃除機をかけてあげるとダニの死骸を吸い取ることができます。

布団は湿気がこもりやすいので、天気の良い日には太陽に当てて干してあげましょう。

シックハウス症候群の対策方法:空気の入れ替え(換気)、部屋の掃除、天日干し

シックハウス症候群に空気清浄機は効果的なのか

シックハウス症候群の対策に、最近では、空気清浄機を使用する人もいます。…が、空気清浄機は本当に有効なのでしょうか。

空気清浄機によっては、シックハウス症候群の原因となる化学物質の吸着機能が搭載されているものもあり、ほこりや花粉、ウイルス、化学物質を取るフィルターで汚れた空気を清浄化してくれます。

…が、それは正しい使い方と、定期的なメンテナンスをしていることが前提で、きちんと空気清浄機のメンテナンスをおこなわないと、アレルギー物質を取り除く効果は得られなくなってしまいます。

それどころか、定期的なメンテナンスを怠ると、逆にアレルギー物質の濃度が上昇してしまうケースまであるのです。

どういうことかというと、一般的なゴミ、例えばチリなどは、物理的な物質なので、空気清浄機で一度取り込んでしまえば、再び散布されるようなことはほぼありません。

ですが、ホルムアルデヒドに代表されるような化学的な物質は、フィルターに吸着された後、再び散布されることがあります。

シックハウス症候群に対する空気清浄機の効果:定期的なメンテナンスを行えば一定の効果あり、ただし正しい使い方をしないと逆に濃度が上昇してしまうようなケースまであり、あくまでも補助的な役割だと考える。

何よりも、シックハウス症候群の対策として大切なのは、上でも書いたように、空気の入れ替え、換気です。

定期的な部屋の換気はシックハウス症候群の原因となる物質の濃度を下げる効果が証明されていて、部屋の窓を開けてやるだけでも効果があることが分かっています。

なので、新築住宅に住む際には特に、引っ越しする前から毎日家の窓を開けて換気をしましょう。

それでもシックハウス症候群に悩まされるのであれば、引っ越しをすべきだと思います。

原因物質を取り除けば治る可能性が高いシックハウス症候群の症状に、いつまでも苦しんでいるのは、とても辛いことです。

私自身、過去にシックハウス症候群で苦しんだ過去があり、その時は本当に辛かったのを覚えています。※当時はシックハウス症候群だとは思っていませんでした。

是非、正しい知識と行動で原因を突き止め、一刻も早くシックハウス症候群とおさらばしましょう。

スポンサーリンク

知り合いに共有してみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする